小さな博物館運動

「国宝・金印レプリカ」「金印BOX」贈呈式 in 大谷小学校

国宝 金印は1784年2月23日に福岡市の志賀島で発見されました。2月23日は金印発見記念日、毎年金印レプリカ贈呈式が開催されています。

2015年10月30日、北九州市戸畑区の大谷小学校で開催され、5年生と6年生の児童のみなさんが参加してくれました。

まずは金印倶楽部・田邊皓俊(てるとし)金印大使の挨拶で贈呈式が始まりました。

そして、金印倶楽部特命金印大使の講談師・神田紅さんによる講談体験コーナー。

独特のイントネーション、リズムながら子ども達はあっという間に講談師に変身!代表して披露して下さった池町校長先生もお上手でした!

講談を体験した後は福岡紅塾の金印亭紅梅さんとの紙芝居講談「国宝 金印物語」で、金印発見の物語が様々な謎と共に紹介されます。

小学校の授業にも登場する金印ですが、地図やイラストも交えながらの金印ワールドに子ども達の瞳は輝いていました。

大谷小学校・池町真一校長先生へ24金メッキの純銀製、金印レプリカが鎮座する『金印BOX』を金印倶楽部・北山清種(きよたね)金印大使より贈呈させて頂きました。

学校の皆さんがいつでも見られる【小さな博物館】です。

金印大使の面々より子ども達へ合金製の金印レプリカを贈呈しました。

さぁ、受け取った金印レプリカを早速、触ってみよう!

一辺23mm、厚さ9mm、高さ22mm、小さな金印ですが、2000年前に大海原を越え、大陸を目指した勇気や、言葉もろくに通じないであろう大国との交渉で授かった宝物・金印、そんな大切な金印が志賀島の畑から掘り出された不思議、そして現代、国宝として残されるに至った歴史、様々なストーリーを聞いた上での金印レプリカは子ども達の心に大きく響いたようです。

「金印が贈られた時代のことをもっと知りたいと思いました。」
「今はあまり仲が良くない中国だけど、昔はこんな貴重な金印をくれるほど仲が良かったんだと驚きました。」
「卑弥呼も志賀島に住んでいたのかも...」
子ども達の想像力を無限に広げてくれる金印です。

お礼に歌ってくれた歌声が体育館いっぱい、元気に響き渡りました。

金印レプリカ贈呈式はこれからも子供達に夢とロマンを届けます!

-小さな贈り物に詰まった大きな志-

子供たちに金印を贈り、大人は心元気で応援しましょう。これからも小さな博物館を増やしていきたいと頑張って参ります。皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

広がる小さな博物館!

協賛企業10数社が金印BOXを社内に設置、運動の広がりにご協力をいただいております。これからは、一般にも呼びかけ、運動の輪を広げていきます。

過去の贈呈校の記録

2009
博多小学校、南京市致遠外国語小学校(中国建国60周年を記念して)
2008
草ヶ江、春住、那珂、那珂南、香住丘、南当仁、東吉塚、若久、別府、北崎、 小呂、千早、七隈、筑紫丘、西花畑、城浜、下山門、長丘、美和台、八田、 板付北、西長住、賀茂、脇山、入部、有田、壱岐南、和白東、野芥、西陵、 舞松原、大原、香椎東、弥永西、四箇田、壱岐東、石丸、鶴田、姪北、照葉、安徳、安徳北、岩戸、岩戸北、片縄、南畑、安徳南、春日、春日東、春日原、 春日西、春日南、大谷、天神山、春日野
2007
簀子、堅粕、鳥飼、日佐、宮竹、多々良、笹丘、室見、金武、原北、堤、 東月隈、愛宕、青葉、野多目、有住、須玖、春日北、日の出、白水
2006
名島、東光、内浜、小笹、長住、飯倉、城南、東花畑、飯原、奈多、 国分、太宰府、太宰府西、太宰府東、太宰府南、水城、水城西、リンデンホール
2005
田隈、香椎、大楠、元岡、老司、弥永、西戸崎、内野、南片江、高木
2004
東住吉、筥松、玉川、西高宮、赤坂、舞鶴、原西、金山、片江、福重
2003
警固、能古、百道、美野島、玄界、若宮、勝馬、東若久、田島、三筑
2002
博多、月隈、今津、周船寺、志賀島、香椎浜、大池、早良、香椎下原、海星
2001
住吉、馬出、三宅、壱岐、高取、福浜、堤丘、城原、弥生、塩原
2000
高宮、席田、今宿、板付、曲渕、田村、千早西、東箱崎、柏原、飯倉中央
1999
大名、千代、原、花畑、箱崎、玄洋、小田部、香陵、百道浜、松島
1998
当仁、西新、長尾、吉塚、姪の浜、和白、三苫、愛宕浜、福岡雙葉、福教大付属福岡
1996
春吉、横手

NPO法人金印倶楽部

〒810-0021 福岡市中央区今泉1-10-21-901
TEL:(092)737-5430 fax(092)737-5432 mail:kinin@kinin.com

金印レプリカ贈呈校募集中!
  • 動画
  • 金印レプリカ 贈呈校の募集
  • 金印レプリカを贈りませんか?
  • 応援企業の小さな博物館

PAGE TOPヘ